‘受給事例’

社会的治癒を検討するも、20 歳前傷病(基礎年金)での請求となったケース

相談者:女性40代/パート勤務傷病名:末期腎不全(血液透析)決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約390万有期認定:約5年 相談時の相談者様の状況 高校時の健康診断で蛋白異常が発覚。病院受診にて、慢性糸球体腎炎との診断を受け、約2年間不定期に通院。就職による他県への転居を契機に受診は中断。35歳時、免許更新時に視力低下を指摘され、眼科受診。糖尿病
続きを読む >>

同一部位に、交通事故の影響やヘルニアによる病歴があり、請求傷病も多く、初診日特定が非常に難航したケース

相談者:女性50代/無職傷病名:頚椎捻挫、頚椎症性脊髄症、左上腕骨外側上顆炎、右拘縮肩、右上腕骨内側上顆炎、左上腕骨内側上顆炎決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約176万有期認定:約3年 相談時の相談者様の状況 4-5年前に頚椎症性脊髄症を患い、仕事を退職。傷病手当金の受給が終了した後、経済的な不安から障害年金の請求を考え、年金事務所で相談をさ
続きを読む >>

当初、自身で請求。何度も返戻となり、どうしていいか途方に暮れていた中、ご相談に来られ、障害基礎年金 2 級の遡及認定まで無事に決定したケース

相談者:女性30代/無職傷病名:双極性障害決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級年金決定額:初回年金振込額約480万有期認定:約3年 相談時の相談者様の状況 精神科クリニックからのご紹介案件でした。平成30年11月、ご自身で請求をされたものの、書類不備等の為、再三にわたり返戻をされ、途方に暮れている状況でした。一生懸命にしているのに、これ以上どうしていいか分からず、主治医に相談したところ、「
続きを読む >>

重度大動脈弁狭窄症兼閉鎖不全症のため、人工弁を装着したことで、障害厚生年金3 級を受給できたケース

相談者:男性40代/会社員傷病名:重度大動脈弁狭窄症兼閉鎖不全症決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約175万有期認定:約3年 相談時の相談者様の状況 相談者様の知人であり、生命保険会社の担当の方からご相談。数年間、健診で心機能の異常を指摘されていましたが、自覚症状がなかった為、受診していなかった中、毎年指摘される事や倦怠感を感じ始めたことを危惧
続きを読む >>

自律神経失調症、甲状腺機能亢進症、うつ病が混在している病状で、障害基礎年 金 2 級を受給できたケース

相談者:女性30代/専業主婦傷病名:うつ病決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約276万有期認定:約2年 相談時の相談者様の状況 自律神経失調症と甲状腺機能亢進症にうつ症状が加わり、人と会いたくなく、家に引きこもっている状態でした。障害年金の事を知っても、人と会うことが嫌で、相談に行く事すら諦めていましたが、当事務所HPをご覧になり、「勇気を出し
続きを読む >>

診断書等の医証が揃った段階から着手し、障害基礎年金 2 級を受給できたケース

相談者:男性50代/無職傷病名:脳梗塞決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約234万有期認定:約3年 相談時の相談者様の状況 同業者である社労士からの紹介でした。 脳梗塞により、左半身に麻痺の後遺障害がある状態で、市役所にて障害年金の相談をされ、医証の手配など、ご自身で手続きを進めてあるなか、某金融機関の年金相談会にて、「専門家に頼むとスムーズ
続きを読む >>

診断書内容を再考いただき、障害厚生年金 3 級を受給できたケース

相談者:男性50代/休職中傷病名:うつ病決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約147万有期認定:約1年 相談時の相談者様の状況 職場での多忙や重責を背景に、うつ病を発症。休職、復職を経て、2度目の休職期間に入ってある状況でした。 奥様から「うつ病でも障害年金はもらえるみたい」と言われたことがきっかけで、障害年金についてお調べになりました。自身で
続きを読む >>

初診日が特定できない中、医師との面会の末、有力な手掛かりを見つけ、障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者: 女性 50 代 / 無職 傷病名: 慢性関節リウマチ 決定した年金種類と等級: 障害厚生年金 1 級 年金決定額:支給月から更新月までの総支給額: 約 474 万円 有期認定:3 年 相談時の相談者様の状況 約15年前から関節リウマチを患っておられました。当初は介護職として就労も可能でしたが、年月を重ねるごとに病状は悪化し、就労が出来ない状態となってしまいました。ご自身でも障害年金の
続きを読む >>

悪性黒色腫(右足底)と右下肢障害、計2通の診断書で3級を受給できたケース

相談者: 男性 60 代 / 無職 傷病名: 悪性黒色腫(右足底) 決定した年金種類と等級: 障害厚生年金 3 級 年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約 347 万 有期認定:約 3 年 相談時の相談者様の状況 悪性黒色腫により免疫療法を継続しておられました。医療費の事をインターネットで調べていた 折、「がんで障害年金を受給できる」という事を知りましたが、年金事務所とのやり取りを負担
続きを読む >>

外科手術後の処置後に脳内出血を発症、右半身麻痺になり1級を受給したケース

相談者: 男性 50 代 / 無職 傷病名: 脳出血後遺症 決定した年金種類と等級: 障害基礎年金1級 初回年金振込額:約 340 万 有期認定:約 5 年 相談時の相談者様の状況 大腿骨骨折の処置後、感染症を発症。その感染症処置後に脳内出血を発症され、右半身麻痺 が強く残存。ほぼ寝たきり状態となっていました。義理のご両親が、障害年金制度自体は知って いても、「誰に相談していいか分からない」と
続きを読む >>



<< 前の情報を見る
  • 障害年金無料相談会受付中

    障害年金無料診断キャンペーン

    無料訪問相談サービス実施中

  • 無料相談会実施中!お気軽にご相談ください|TEL:0942-62-3917 月曜日 土曜日9:00  18:00 ※日曜・祝日応相談

    専門家がお応えします 無料メール相談・無料・24時間受付

    障害年金相談票|ダウンロードはこちら

    • お気に入りに追加

    料金表

    よくあるご質問

    相談の流れ

    はじめての方へ

    CONTENT MENU