肝疾患の障害認定基準

平成26年6月1日に肝疾患の障害認定基準が改正されました

平成26年6月1日から、障害年金の審査に用いる肝疾患の障害認定基準を一部改正されました。

改正のポイントは以下のとおりです。


1.重症度を判断するための検査項目について見直しを行いました。
2.障害等級を客観的に判断するため、検査項目の異常の数を入れました。
3.アルコール性肝硬変の基準を追加しました。 

leaflet2

改正に関してのパンフレットを見たい方はこちらをクリックして下さい

 

 

最新の肝疾患の障害認定基準

最新の肝疾患の障害認定基準を見たい方はこちらをクリックして下さい


この記事の最終更新日 2014年6月16日 執筆者: 社会保険労務士 堤信也

無料相談会実施中!お気軽にご相談ください|TEL:0942-62-3917 月曜日 土曜日9:00 18:00 ※日曜・祝日応相談
障害年金相談票|ダウンロードはこちら
無料メール相談
初めての方へ
よくある質問
料金表

コンテンツメニュー

事務所概要

事務所

堤社労士事務所
〒830-0016
福岡県久留米市通東町3-12
エルヴェコート3階

対応地域

対応地域
無料相談