胃GIST(悪性腫瘍)により認定日請求で障害厚生年金2級を受給できたケース【No.85】

相談者:女(60代)/無職

相談者:女性 60代 / 休職中

傷病名:胃GIST

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金決定額:支給月から更新月までの総支給額:約300万 有期認定2年

相談時の状況

同業者からのご紹介でした。

夫の経営する会社にて社会保険に加入している状態でしたが、病気発覚後は一切就労出来ず、自宅療養を続けておられました。化学療法による副作用で、全身倦怠感、食欲不振等で苦しみ、家族からの全面的な援助により生活を送っており、日中のほとんどを臥床している状況でした。

「老齢年金を受給している状態だが、もしメリットがあるようであれば請求したい」との事で、初診日から1年6ヵ月の障害認定日を迎えた段階で、ご主人様が代理で面談にお見えになりました。

相談から請求までのサポート

 相談者は65歳前の老齢厚生年金(特老厚)を受給していましたが、病歴、病状、日常生活状況等から、障害厚生年金2級の受給が可能と判断。

受給できる年金額との関係においてもメリットがあると判断し、ご説明の上、受任に至りました。

遠方在住の方だった為、往訪やFAXでのやり取りも交え準備を行い、病院からの書類も比較的順調に進み、請求には自信を持って進むことが出来ました。

結果

請求から約3ヵ月後、障害厚生年金2級の年金証書が届いたとのご連絡が入りました。

悪性新生物による障害は、がんそのものによって生じる局所の障害、がんそのものによる全身の衰弱または機能の障害、がんに対する治療の効果(抗がん剤副作用等)として起こる全身衰弱または機能の障害に区分されます。

日常生活を送るにあたり、医師より安静が必要とされ、生活上必要な動作において家族の援助を必要としたり、倦怠感のため就床している時間が長いというような場合は、受給できる障害状態にある可能性があります。

癌は病状が急変することもあり、病状の重い方ほど、早急な手続きをするに越したことはありません。書類準備や申立書作成等に時間を取られることなく、スムーズな手続きをお勧めします。ぜひ専門家にご相談ください。

 

他のうつ病の事例はこちらをご覧ください。

 


この記事の最終更新日 2022年12月2日 執筆者: 社会保険労務士 堤信也

無料相談会実施中!お気軽にご相談ください|TEL:0942-62-3917 月曜日 土曜日9:00 18:00 ※日曜・祝日応相談
障害年金相談票|ダウンロードはこちら
無料メール相談
初めての方へ
よくある質問
料金表

コンテンツメニュー

事務所概要

事務所

堤社労士事務所
〒830-0016
福岡県久留米市通東町3-12
エルヴェコート3階

対応地域

対応地域
無料相談