黄色靱帯骨化症で、障害認定の可能性はありますか?(黄色靱帯骨化症)

Q  ご相談

私の義父についての相談ですが、地方公務員在職中の6年前に、指定難病の黄色靱帯骨化症にかかり、手術をしました。

その後、労働はもちろん日常的な活動にも支障が出ています。

現在、障害共済年金の支給手続きを始めたところですが、事後重傷は適用外と言われ、障害認定日時点の診断書の提出を求められています。

今後、障害認定の可能性はあるのでしょうか?

ちなみに、障害者手帳5級を持っています。

A 答え

お問合せ頂きありがとうございます。
福岡・久留米障害年金相談センターの堤と申します。image_staff01

お問合せの件ですが、まず事後重症の適用外というのは具体的にどういう状況でしょうか?

年齢が65歳を過ぎていらっしゃるということでしょうか?

または黄色靱帯骨化症は徐々に進行してくる病気だと思いますが、現在の状態が軽いという意味でしょうか。

認定日頃において、さらに状態が軽いという事であれば、認定日頃の請求は困難かもしれません。

詳しくは当センターへご相談ください。

宜しくお願いいたします。

福岡・久留米障害年金相談センター 堤


この記事の最終更新日 2016年5月1日 執筆者: 社会保険労務士 堤信也

無料相談会実施中!お気軽にご相談ください|TEL:0942-62-3917 月曜日 土曜日9:00 18:00 ※日曜・祝日応相談
障害年金相談票|ダウンロードはこちら
無料メール相談
初めての方へ
よくある質問
料金表

コンテンツメニュー

事務所概要

事務所

堤社労士事務所
〒830-0016
福岡県久留米市通東町3-12
エルヴェコート3階

対応地域

対応地域
無料相談