発病は65歳を超えてからです。障害年金を受給できますか?(胃がん ステージⅣ)

Q  ご相談

父の件でご相談です。

初診2015年2月末確定診断3月上旬、胃がんステージⅣ手術適応外との診断でした。

しかし、2015年6月腫瘍からの出血が止まらず、緊急で、胃全摘手術を受けました。

現在、リンパ節転移右副腎への転移の拡大を抑えるため、抗がん剤治療を2~3週間おきに行っています。

父は自営業で、母は週2回のパートのみ、生計のすべてを父が担っています。

体重は20Kg以上減ってしまい、フラフラになりながら仕事に行こうとしています。

 実際、一人ではいけないので身内を横に同伴して、なんとか仕事を行っています。

仕事を辞めてもらいたいのですが、生活費や治療費のこともあり、無理してでも働きに行っているので心配です。

65歳を超えています。年金支給も受けていますが、とても生活と療養費を維持できるものではありません

私(次女)もできるだけの援助はしていますが、現状はいっぱい、いっぱいです。

私が看護師をしていて、前の勤務先の院長と父の主治医がお知り合いだったので、とてもよくしてくださいます。

障害年金のことを目にしたので無理かもしれませんが、何か手がないかとメールをさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

A 答え

お問合せ頂きありがとうございます。image_staff01

福岡・久留米障害年金相談センターの堤です。

早速ですが、ご相談の回答です。

お父様の件、大変なご様子お察し申し上げます。

まず障害年金は原則65歳になるまでに初診が必要となります。よって、ご相談の内容からは初診日が65歳後になりますので、障害年金の請求はできないこととなります。

もし万が一、65歳前の初診があったとして、その初診日から1年半経過時点において障害状態が該当すれば可能性は残りますが…

今回のご相談内容では厳しい感が否めません。

このような回答で申し訳ございません。

宜しくお願い致します。

福岡・久留米障害年金相談センター 堤 

 


 

  • 障害年金無料相談会受付中

    障害年金無料診断キャンペーン

    無料訪問相談サービス実施中

  • 無料相談会実施中!お気軽にご相談ください|TEL:0942-62-3917 月曜日 土曜日9:00  18:00 ※日曜・祝日応相談

    専門家がお応えします 無料メール相談・無料・24時間受付

    障害年金相談票|ダウンロードはこちら

    • お気に入りに追加

    料金表

    よくあるご質問

    相談の流れ

    はじめての方へ

    CONTENT MENU